集団左遷 花沢【高橋和也】銀行員の出向とはどんな意味?ネタバレあり注意!


「集団左遷」 第4話!

とうとう、仲間の1人・・・花沢銀行員が・・

第一犠牲者となりました。

 

1番、憎めないポジションでしたよね。

すっごく頑張っていたのに・・・

スパイ役を押し付けられ・・可哀想でした。

 

では!実際の銀行員の「出向」とはどんな意味があるのか?

調べてみましたので、解説をどうぞ!

スポンサーリンク

花沢銀行員(高橋和也)中堅の出向ってどんな意味?


銀行員の出向には二つの意味があるそうです。

 

40~50代の管理職になれなかった行員が、系列のグループ企業や取引先で働く

この場合は、ほぼ片道切符となります。

 

定年まで、出向先企業で銀行業務とは関係の無い仕事に就きます。

ほぼ「左遷」と言っても良いぐらいですね。

このパターンだと、銀行員としては終わりを意味します。

 


花沢さんも最後のシーンで、スーパーなのか?

パートのお姉さんに?商品の陳列を教わってましたね・・・(涙)

 

最後まで銀行員でいたい

最初に聞いた花沢さんの言葉は・・・ここに繋がるわけですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
2019年 春 ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マチコレ.com
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました